おっくんブログ

ramenfun.exblog.jp

ラーメン大好き

ザ・ゴール  企業の究極の目的とは何か

本棚を見ていたら 6,7年前かな??に買った本が目についた。たまたま本屋で見付けた本だ。
e0140496_21524170.jpg

その本は
e0140496_2153320.jpg

全米で250万部を超えるベストセラーだったのに15年以上も翻訳されなかった いわくつき の本だ。
なぜ15年も翻訳されなかったかというと 日本人は部分最適の改善にかけては世界超一級で日本人に「ザ・ゴール」に書いたような全体最適の手法を教えてしまったら貿易摩擦が再燃して世界経済が大混乱に陥ってしまうという著者の意向だったらしい。
この本はイスラエルの物理学者が書いた小説で、あらすじは
主人公は機械メーカーの工場長で長引く採算悪化を理由に、突然本社から工場閉鎖を告げられる。残された時間はわずか3ヶ月でそれまでに収益体制を改善しなければ工場は閉鎖され、多くの人が職を失ってしまう。でこれまでの生産現場での常識を覆す考え方で問題点を科学的に解明していく といった感じの話。500頁以上ある本だが夢中になってあっという間に読んだ記憶がある。

久しぶりに読んでみようかな。内容も忘れたし。

興味のある人は読んでみるべし、お勧めの一冊です。

えーだす
[PR]
by ramenfun | 2010-02-20 17:48 | その他 | Comments(0)